未来に残したいキャバ嬢のお仕事

人見知りだった私がキャバクラで働くことに

私はちっちゃい頃から人見知りで初対面の人とすぐにおしゃべりをして仲良くなるなんてことは出来ませんでした。それは中学・高校と進学して行っても変わらず、自分から新しい友達を作るのが凄く苦手でした。そんな私はアニメが大好きでアニメ関係の仕事につきたくて専門学校へ進学をしています。学校は実家からはかなり遠いのでアパートを借りてバイトをしながら通っていますが金銭的には結構苦しくて下手をすると借金しそうなくらいに追い込まれていました。人見知りながらコンビニなどで接客には少し慣れていた私は夜の求人情報に載っていたキャバクラを思い切って応募してみようと思いました。人見知りな私が務まるかどうかはわからないままお店の人にお話を聞くと同じような子はたくさんいるし、慣れたら大丈夫だと言われ、体入してお店に出てみました。自分からは話を振る事もできませんでしたが、お客さんからは嫌われなかったみたいで何とか初日は終わりました。少しずつ慣れて1人前のキャバ嬢になれるといいな。